みちのく銀行住宅ローン

みちのく銀行住宅ローンの返済額・総支払額シミュレーション

こちらでは、

 

みちのく銀行の住宅ローンについて、返済額や総支払額のシミュレーションを行ってみたいと思います。

 

 

みちのく銀行の住宅ローンでは、金利タイプとして金利選択型、上限金利付き変動金利型、固定金利型(全期間固定)の3種類があります。

 

また、金利選択型の固定金利については、規準金利から金利引下げ優遇措置を受けることもできます。

 

では、どのように金利タイプを選択することが有利なのでしょうか? 

 

シミュレーションで検討してみたいと思います。

 

 

住宅ローンのシミュレーションを行う際のモデルケースとして、

 

【住宅ローンの借入額3000万円】
【返済期間35年】
【元利均等返済型】
【ボーナス時の返済上乗せなし】

 

と仮定します。

 

なお、みちのく銀行の固定金利型住宅ローンは最長返済年数が25年であるため、今回のシミュレーションからは除外します。

 

 

金利タイプとして、下記の5種類を設定します。適用される金利は、2013年1月現在の金利条件を基準にしました。

 

 

(ケース1) 金利選択型、変動金利型のみ:当初金利2.725%
(ケース3) 金利選択型、固定金利型(3年)のみ:当初固定金利0.9%、その後基準
        金利

(ケース4) 金利選択型、固定金利型(当初10年、その後は3年):当初固定金利
        1.6%、その後基準金利

(ケース2) 上限金利付き変動金利型:当初金利3.125%
(ケース5) フラット35(定額手数料):金利2.34%

 

 

今後、35年間にわたってどのように金利が推移するかは誰にもわかりませんが、現状が超低金利時代だという状況を踏まえて、下記の2ケースを想定しました。

 

 

(金利想定1) 現状の金利から変化がなく、そのまま継続する。
(金利想定2) 現状の金利から1年ごとに0.1%づつ金利が上昇する。

 

 

シミュレーション結果を下表に示します。

 

 

表 住宅ローンの支払額のシミュレーション結果

 

金利上昇がない場合には、ケース3(当初10年固定金利、その後3年固定金利)の総支払額が最も低くなりました。

 

金利上昇を想定した場合には、ケース5(フラット35)の総支払額が最も低くなりました。

 

 

一般的には、変動金利が最も低くなりますが、みちのく銀行の住宅ローンでは、固定金利のみ金利優遇措置を受けることができますので、固定金利型が変動金利型よりも有利だという結果になりました。

 

なお、フラット35では、保証料が必要ありませんが、逆に団体信用生命保険料を支払う必要がありますので、本来は諸費用を含めたトータルの支払額で評価すべきです。

 


関連サイトはこちら

じぶん銀行カードローン審査!即日融資申込み【24時間スマホ対応】
じぶん銀行カードローンは即日融資に対応!
審査を通過する為の3つのポイントを紹介しています。
www.ginkou-cardloan-shinsa.com/