みちのく銀行住宅ローン

みちのく銀行のリフォームローンは豊富?

こちらでは、

 

みちのく銀行が提供しているリフォーム関連ローンの概要についてご紹介したいと思います。

 

 

みちのく銀行では、非常に多くの種類の住宅ローンを提供しています。

 

一般的な住宅ローンである、<みちのく>金利選択型住宅ローン、<みちのく>住宅ローン(固定金利型)、<みちのく>上限金利付変動金利型住宅ローンなどでは、融資された資金を自宅のリフォームに充てることができます。

 

一方、みちのく銀行では、リフォームを主な対象としたローンも用意されています。

 

 

 <みちのく>新型リフォームローン「わが家改善計画」

 

わが家改善計画には、団体信用生命保険付きの「あんしんプラン」と、団体信用生命保険に加入する必要がない「ゆうゆうプラン」の2種類のローンがあります。

 

利用条件は、申し込み時の年齢が20歳以上65歳未満で、完済時の年齢が75歳未満(団体信用生命保険付き)または70歳未満(団体信用生命保険なし)となっています。

 

また、安定した収入があることも条件で、パートやアルバイトの人は申し込むことができません。

 

 

ローンの使い道は、ローン申し込み者本人または家族が所有し、住む住宅の増改築や改装資金、家具調達や電化製品の購入資金などで、借り入れ金額は最高1000万円です。

 

また、借り入れ年数は最長15年です。金利タイプは変動金利型と固定金利型の2種類から選択することができます。

 

 

担保を抵当に入れる必要はありません。

 

また連帯保証人も原則として必要がありません。但し、みちのく銀行が指定する保証会社によるローン保障を受ける必要があります。

 

保証料については、一括前払い方式ではなく、金利に含まれて、月々のローン支払いに加えて支払う方式です。

 

 

 <みちのく>住宅サポートローン「みちのく快適ライフ」

 

みちのく快適ライフは、みちのく銀行の住宅ローン(フラット35を含む)を返済中または新規に契約する人を対象として、追加のローンを組むことができるものです。

 

使い道は、事業資金や土地建物購入費用以外であれば自由です。

 

例えば、住宅取得時の諸費用・追加工事費用・リフォーム費用・消費財購入費用・ローンの借り換えなどに使うことができます。

 

 

借り入れ金額は最大500万円で、返済期間は最長20年ですが、住宅ローンの残存期間内かつ完済時に75歳以下という条件が付きます。

 

利用できる金利タイプは変動金利型のみです。

 

金利には、保証会社への保証料も含まれています。

 

また、団体信用生命保険に加入する必要があります。

 

団体信用生命保険に加入できない場合には、連帯保証人が必要となります。

 


リフォームローン選びのお役立ちサイト

リフォームローン金利比較で選ぶ!おすすめは?【銀行ランキング!】
リフォームローンの金利は担保が必要かどうか、保証人が必要かどうか、借り入れ金額、返済期間などさまざまな条件によって変わってきます。ですから、単純に金利を比較するだけではリフォームローンのおすすめを見つけることはできません。まずはリフォームローン金利の比較サイトをみて、いくつかの銀行をチェックしてみることからはじめましょう。
www.reformloan-kinri.com/