みちのく銀行住宅ローン

みちのく銀行住宅ローンの種類・金利タイプ別一覧表!

こちらでは、

 

みちのく銀行の住宅ローンの住宅ローン金利についてご紹介したいと思います。

 

 

みちのく銀行が提供している一般的な住宅ローンでは、金利選択型、上限金利付き変動金利型、固定金利型(全期間固定)の3種類の金利タイプから選ぶことができます。

 

また、フラット35では、全期間固定金利型のみが選択できます。

 

 

金利選択型では、変動金利もしくは固定金利の何れかを選びます。

 

変動金利の場合には、半年に1回の頻度で住宅ローン金利の見直しが行われます。

 

住宅ローンの月々の返済額は、5年に1回の頻度で行います。返済額見直しまでの間の金利の変動は、返済する元本と利息の比率を調整することで吸収します。

 

返済額を見直す際は、以前の返済額の1.25倍を超えないように調整されます。

 

なお、変動金利期間中は、いつでも固定金利へ移行することができますが、所定の手数料を支払う必要があります。

 

 

固定金利の場合は、固定金利期間を3年・5年・10年から選びます。

 

固定金利期間中は、他の金利に切り替えることはできませんが、固定金利期間終了時点で再度金利固定型を選びなおすか、変動金利型へ移行するかを選ぶことができます。

 

なお、固定金利には、当初金利を引き下げる優遇措置がありますが、最初の固定期間終了時点で、基準金利に戻ります。

 

金利引下げの優遇を受けるためには、下記の2項目のいずれかを満たす必要があります。

 

みちのく銀行の口座を給与振込口座に指定する
以下の条件のうち2項目以上が該当する
  ・3件以上の公共料金の自動引き落とし契約、
  ・<みちのく>カードローンの契約、
  ・クレジットカード一体型ICキャッシュカード「Michinoku card」の契約、
  ・年金振込口座の指定、
  ・エコ住宅・バリアフリー住宅などの住宅の新築・購入・リフォームなど、使用する
   木材の40%以上に青森県産材が使われる住宅の新築・購入・リフォーム、

 

 

上限金利付き変動金利型の場合には、基準金利よりやや高めの金利となりますが、ローン金利が予め設定した上限を超えることはありません。

 

 

全期間固定金利型では、住宅ローンの開始当初に決定された金利が、ローン返済期間中に渡って変化することはありません。また、ローン返済期間中に固定変動選択型などへ移行することはできません。

 

みちのく銀行の2013年1月現在の主な住宅ローンの金利を下表に示します。

 

 

表 みちのく銀行の住宅関連ローン金利(2013年1月現在)

 


住宅ローン選びのおすすめは?

住宅ローン金利安い銀行は?変動・固定比較【低金利ランキング】
住宅ローンの金利が安い銀行はそれだけで有力な候補になりえます。金利が安い住宅ローン選びが簡単にできるおすすめサイトです。
www.jyutakukinriyasuiranking.com/