みちのく銀行住宅ローン

みちのく銀行ではフラット35は借りられる?

こちらでは、

 

みちのく銀行が提供しているフラット35の概要についてご紹介したいと思います。

 

 

みちのく銀行では、独自の一般的な住宅ローンとして、金利選択型住宅ローン、固定金利型住宅ローン、上限金利付変動金利型住宅ローン、女性専用住宅ローンなどを提供していますが、それらのローンとは別に、住宅金融支援機構と提携して提供している長期固定金利住宅ローン(フラット35)も取り扱っています。

 

 

みちのく銀行が提供している長期固定金利住宅ローン(フラット35)は、買取型と呼ばれる種類で、住宅ローンの債権を住宅金融支援機構が買い取って証券化します。

 

投資家が証券に投資することによって資金を集めることができます。

 

このような仕組みで長期間の固定金利を比較的安く設定することができています。

 

フラット35を提供している金融機関はみちのく銀行に限らず、多く存在していますが、金融機関によって、金利や利用条件などが若干異なります。

 

 

みちのく銀行のフラット35の利用条件は、下記の通りです。

申し込み時の年齢が満70歳未満で、完済時の年齢が満80歳未満である人。
日本国籍を有する人、または、永住許可などを受けている外国人。
安定した収入が継続して得られる見込みのある人。
融資後、速やかに住宅に入居することが可能な人。
フラット35を含めた全ての借り入れに関する年間返済額が年収に占める割合
 が30%以下(年収400万円未満の場合)または35%以下(年収400万円以上の
 場合)である人。

 

フラット35で融資された資金の使い道は、ローン申込者が所有し、本人または親族が住むための住宅の取得資金または、借り換え等で、リフォームのための資金は対象外となります。

 

 

フラット35では、一般的な住宅ローンとは異なり、住宅の床面積や住宅の諸性能などに関する条件が課せられています。

 

フラット35で融資を受ける際には、住宅が住宅金融支援機構の定めた技術基準に適合しているか、検査機関などによる物件検査を受けて、合格する必要があります。

 

 

フラット35の融資金額は最大8000万円で、住宅の建築金額や購入金額の90%以内となっています。

 

融資期間は最長35年となっており、融資期間中金利が変わらない全期間固定金利型しか選択できません。

 

 

住宅金融支援機構の定めでは、団体信用生命保険への加入は任意となっていますが、みちのく銀行でフラット35を組む場合は、基本的に団体信用生命保険へ加入する必要があります。

 

なお、保険料はローン申し込み者自身が支払うことになります。なお、保証料については、保証会社を使わないため、支払う必要はありません。

 


関連サイト